もう一人のワタシを知る|双極性障害で見える新しい自分

鬱と躁を繰り返す病気

うつ

うつの症状のみが現れる病気を「うつ病」と言い、躁とうつの2つの症状を繰り返す病気を「双極性障害」または「躁うつ病」と言います。双極性障害の発症の原因は現在、明確にはされていません。はっきりしていることが、必ずしもストレスが原因の心の病気ではないということです。ですのでカウンセリングや精神療法により完治させることはできないのです。そして双極性障害はどんか性格であっても発症する可能性のある病気とされています。双極性障害は「うつ」をきっかけにして発症することが多いのが特徴です。うつの症状を繰り返し、急に「躁」になるケースが多く、躁の症状が出るまでうつ病だと思い込まれる人が多いのです。双極性障害の症状は、うつの状態と躁の状態の繰り返しです。うつ状態の症状は、何事にも全く興味・関心が湧かず、何をしていても楽しめず億劫なだけの状態が続きます。そして過食・または拒食・自殺願望・疲労感などの症状が現れます。そして躁の状態とはうつ状態とは真逆の症状が現れます。厳密には躁状態と軽躁状態とに分けられるのですが、どちらも患者自身は気分が良く、体調がすごく良いと思ってしまっています。その為元気過ぎることにより、周囲の人々に迷惑をかけていることを、本人が自覚出来ていない点が特徴です。

双極性障害の治療法が、「気分安定薬」の服用です。気分安定薬の種類として、リチウム・カルパマゼピン・バルプロ酸が有名です。この中でも特に使用頻度が高い、基本的な気分安定薬がリチウムです。リチウムはうつ状態・躁状態の両方の症状の改善と予防に効果的なのです。また自殺を予防する効果もあります。しかし効果的な反面、リチウムは副作用が強く大変扱いが難しい薬としても有名です。リチウム服用の際には、必ず血中濃度を測定しながら服用しなければいけません。有効な範囲の血中濃度を超えている場合に、リチウムを服用してしまうと副作用が出るリスクが高くなります。その副作用とは、服用してすぐの下痢症状、食欲が出ない、口渇、頻尿、手の震えです。手の震えに関しては、血中濃度の有効範囲内で服用しても発症する確率が高く、さらには長い期間症状が続くことが多いです。最後に双極性障害の治療法として、規則正しい生活リズムを意識することも重要であるとされています。過度のストレス、そして睡眠不足は特に注意が必要です。趣味や好きなスポーツに熱中し、日頃より体を動かす機会をなるべく持つことが、ストレス発散に効果的です。スポーツは外で日光を浴びながら行うことで、程良い疲労感と日光の効果で夜の安眠も期待できます。